ファンデーションの選び方

【ファンデーションの選び方】まとめ

すごくたくさんの種類のファンデーションがあって

どれを選んだら良いの分からない

って思ったことはありませんか?

ファンデーション1つで、美人かオブスか分かれてしまうと言っても過言じゃないくらいファンデーション選びって実は大切なのです💛

この記事では、ファンデーションの選び方について書きたいと思います😊

少しでもお役に立てたら嬉しいです💛

ファンデーションの種類はお肌の悩み別に使い分ける

【ファンデーションの選び方】あなたがどのタイプが合うのか診断してみよう!」の記事にも書きましたが、ひとくちに「ファンデーション」といっても様々な種類があります♡

  1. パウダリーファンデーション
  2. リキッドファンデーション
  3. クリームファンデーション
  4. クッションファンデーション
  5. 美容液ファンデーション
  6. BBクリーム
  7. CCクリーム
  8. ミネラルファンデーション

などがあげられます♡

お肌のタイプは、悩み別に分けると大きく分けて

  • オイリー肌
  • 敏感肌
  • 混合肌
  • 乾燥肌

の4つが、あります♡

このタイプは一生続くわけではなくて、季節、年齢、生活スタイルなどで変化し続けるので、それに合わせてスキンケアやファンデーションを選び直すと良いです😊

https://foundation-cosme.site/foundation-sindan/

年齢によってファンデーションの選び方を変える

すごく当たり前のことですが、10代のお肌と40代のお肌は違います(´;ω;`)

年齢によってファンデーションの選び方は変える必要があります💦

10代のお肌は、「【ファンデーションの選び方】10代にはミネラル系がおすすめ!」にも書きましたが、ミネラル系がおすすめです💛

皮脂量の多い10代は、ファンデーションで毛穴をふさいでしまったり、ファンデーションを落とさずに残してしまうと、ニキビの原因になってしまします💦

しっかり落とすことを意識することで、将来のお肌が変わってきます💛

 

30代のお肌は10代の頃と比べて、水分量が20%も減ってくる時期です💦

【ファンデーションの選び方】30代で気を付ける2つのポイント!30代に入って、なんだかお肌が乾燥するなと思ったことはありませんか? 20代のお肌とは何かが違うと思い始める30代のお肌。 ...

そして、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少し始める時期でもあります。

エストロゲンは、お肌のハリや弾力のモトとなるホルモンとも言われているので、減少することで老化を感じ始める時期でもあります。

なので、30代からは保湿重視のファンデーションを選ぶことが大切です💛

そして、お肌の老化の原因の8割が、光によるものといわれてるので40代に向けて予防も大切です💛

気を付けなければいけない光は

  • 紫外線A波
  • 紫外線B波
  • 近赤外線

です。

紫外線ふぁけを気を付けている人も多いと思いますが、近年注目されているのが「近赤外線」。

近赤外線は、紫外線よりもお肌の深い部分にまでダメージを与えてしまい、コラーゲンなどを分解してしまいます。

近赤外線は、太陽光にも含まれていますが、現代ではパソコンやスマホ、リモコンなどからも放出されています。

30代から近赤外線を意識して予防するだけで、10年後のお肌が見違えるくらい変わってきます💛

紫外線だけでなく、近赤外線を防ぐことができるファンデーションを選ぶようにしましょう💛

季節によってファンデーションを選ぶ

日本は季節によって、気温や湿度が変わります♡

それにともなって、お肌の状態も変わってくるので季節によってファンデーションを見直すことも必要です😊

【ファンデーションの選び方】季節によって使い分けるポイントの記事にも書きましたが、春は花粉やほこり、ストレスなどによってお肌は敏感になります💦

また、5月からは紫外線量がピークになるので、紫外線対策も忘れてはいけません♡

そして、夏は、春に引き続き紫外線対策を万全にするとともに、皮脂の分泌が多くなるので、崩れにくいものを中心に選ぶと良いです💛

秋になると、気温が下がり皮脂の分泌が減りますが、その為、乾燥が気になる季節になります♡

しっかりと保湿を重視して、ファンデーションを選ぶと良いです💛

冬は、さらに乾燥がすすみ、また冷気からお肌を守るためにも、適度に油分のあるファンデーションがおすすめです💛

【ファンデーションの選び方】季節によって使い分けるポイント!これで1年中美肌に!1年中同じファンデーションを使っていませんか? 1年中同じファンデーションを使ってもお肌の調子が良い場合は、同じのを使っていてもか...

ファンデーションの色を選ぶポイント

ファンデーションの色は、どのように選んでいますか?

デパートなどで、美容部員さんに選んでもらうのが理想ではありますが、なかなか難しい時もありますよね。

自分で選ぶときのポイントは、「【ファンデーションの選び方】正しい色の選び方は?」の記事にも書きましたが、顎にファンデーションを置いて選ぶと良いです😊

手の甲において選ぶ人もいるかと思いますが、手の甲とお顔の色は違うので、実際にお顔にぬってみた時に色が合わないということもあります。

また、頬にぬって選ぶと、首とのギャップが目立つ場合があり、顔だけ浮いて見えたり、顔が大きく見えたりする場合があります。

ファンデーションの色を選ぶときは、顎にのせて選ぶと良いです💛

できるなら、色を選んだ後、一度、お顔にぬり外出してみて、室内と自然光の場合の色を確かめる方が良いです💛

ファンデーションの色は大きく分けて次の2つ♡

  • ベージュ
  • オークル

があります♡

ベージュというのは黄みよりのお色で、オークルというのは赤みよりのお色が一般的です♡

自分のお肌が、ベージュ系のお色が合うのか、オークル系のお色が合うのか迷ったときには、自分がイエローベースかブルーベースなのかで判断すると良いです💛

イエローベースの特徴 ブルーベースの特徴
顔の赤み 出にくい 出やすい
手の平の色 黄色っぽい ピンクか青みがかっている
髪の毛の色 黄みがかったブラウンか黒 真っ黒
瞳の色 黄みがかったブラウン 真っ黒
アクセサリー ゴールドが似合う シルバーが似合う
暖色系が似合う 寒色系が似合う

当てはまる項目が多い方があなたのお肌のタイプです😊

  • イエローベースの人→ベージュ
  • ブルーベースの人→オークル

を選ぶようにすると、ファンデーションの色選びがうまくいくので、是非参考にしてみてくださいね😊

【ファンデーションの選び方】正しい色の選び方は?ピッタリの色で美人度アップ!メイクと言えば、まずはベースメイクですよね😊 そして、ベースメイクと言えばファンデーション♡ ファンデーショ...

 

色黒さんや色白さんのファンデーション選びで気を付けるポイント

色黒さん用【ファンデーションの選び方】明るい印象に見せる2つのポイント!」の記事にも書きましたが、色黒さんが、少しでも明るく見せたいからといって、明るめのファンデーションを選ぶと、お顔だけ浮いた印象になってしまいます💦

ファンデーションの色を選ぶ基本通り、顎にファンデーションをのせてみて、自分の肌にピッタリの色を選ぶのが良いです💛

少し明るく見せたいのであれば、ハイライトや下地、コンシーラーなどで部分的に明るくし、立体感を出すと自然で明るい印象になります♡

色白さんは、【ファンデーションの選び方】色白さんには血色感をプラスすることが大切♪」の記事にも書きましたが、色黒さんと同様に基本は顎の色に合わせて選びます♡

色黒さん用【ファンデーションの選び方】明るい印象に見せる2つのポイント!美人かどうかが決まると言っても過言ではないファンデーションの色選び。 「なんだか、顔だけ浮いて見える」 と感じることや、疲れ...

そして、色白さんは、ファンデーションをしっかりぬってしまうと、厚塗りの印象になってしまいがちです。

とにかく薄く仕上がるファンデーションを選ぶのがポイントです💛

また、色白さんであっても、イエローベースよりなのか、ブルーベースよりなのかで、色選びが変わってきます。

色白さんだからだからといって、一番明るい色を選ぶのではなくて、自分のお肌の色系統をみて選ぶことが大切です💛

そして、色白さんがシミや色むらなどをカバーする場合は、ファンデーションを重ねるのではなくて、コントロールカラーやコンシーラーで部分的にカバーすることがおすすめです💛

https://foundation-cosme.site/foundation-irojiro/

まとめ

ファンデーションは、年齢、季節、肌質などによって選び方が変わってきます💛

また、イエローベースやブルーベースなど、お肌の色系統によっても選ぶファンデーションは、変わります♡

美容部員さんにタッチアップしてもらうのが確実ですが、自分ひとりで選ぶ場合は、顎にファンデーションをのせて選ぶと、首との統一感のあるお色が選べます♡

今の自分にあったファンデーションを選んで、メイクを楽しんでくださいね😊